FC2ブログ

カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

「あらいぐまラスカル」の、原作のタイトルみたいですが(^^;)
最後にカンガルーを見たのは半年以上前、遥か遠いカンガルーになってしまいました。パソコン内に保存された、膨大な数のカンガルー写真を時折眺めては、ニンマリしていますまた、写真ではない本物のカンガルーと戯れたいな~、と願いつつ、今日の気分で何枚か選んでみました。

くつろぐアカカンガルー。目が合うと嬉しくて
2018111601

カルガモファミリーと一緒に
2018111602

母親を真似て、おそるおそる水に口を近づける子
2018111603

袋の中は気持ちよさそう
2018111604

手前のカンガルーが、色っぽい
2018111605

撮影地: ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ(ブリスベン)
     カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ(ゴールドコースト)

それではまた

スポンサーサイト
2018.11.16 / Top↑
大変お待たせしました。とても久しぶりの更新です。
カンガルーとはすっかりご無沙汰で、もう顔も忘れてしまいそう・・・またオーストラリアでカンガルーに囲まれた休暇を過ごしたいものですが、まだまだ先のことになりそうです。今週は少し遅い夏休みをとり、休息の日々でしたあまり遠出をすると疲れてしまうので(笑)近場に出かけてきました。(今回もカンガルーは出てきません。すみません

横浜、山手地区の洋館が立ち並ぶエリアを散策。異国情緒あふれる街並みを歩いていると、どこか遠くを旅している気分になります。ここは日本人の外交官が暮らしていた家。もともと渋谷に立っていた家を移築したそうです。貝殻の噴水がとてもオシャレ
2018090801

お庭には、この地区にある他の洋館のミニチュアが並んでいました。
2018090802

オーストラリア貿易商バウデンさんの家。
2018090803

イギリス人貿易商べリックさんの家。これらの洋館は、全て内部を見学できます(しかも無料で)。
2018090804

アーチと模様が美しい玄関ドア。
2018090805

当主夫人の寝室。窓の形も個性的です。
2018090806

こんなお部屋でティータイムを過ごせたら、素敵でしょうね
2018090807

各部屋にはバスルームが隣接していて、まるでホテルのようでした。
2018090808

この日は台風一過でとても暑かったので、歩くだけで体力を奪われます。全部立ち寄っていたら大変と思いながらも、洋館の前を通ると中に入らずにはいられません(でも中は涼しいです)。ここは昭和初期に建てられた、外国人向けのアパートメント。
2018090809

公衆電話にも趣があります。
2018090810

バラの模様がステキな郵便受け。横浜市イギリス館(英国総領事公邸)にて。
2018090811

港の見える丘公園でひと休み。この時点で洋館を7つ巡っていたので、暑さと疲れでなんともやる気のない風景写真になってしまいました
2018090812

近場でありながら非日常が味わえて、楽しい休日になりました
2018.09.08 / Top↑
梅雨空の下、涼しい日が続いていますね。先週の土曜日は寒いくらいで、我が家ではまさかの「暖房」をつけてしまいました。6月中旬だというのに・・・リビングに早々と敷いた接触冷感ラグがつらかったです寒暖差が激しい折、皆様ご自愛ください。

さて、「ラーテル」という動物をご存知でしょうか?知っているという方はかなりの動物通です。私は今回の東山動植物園で初めて見ました。

顔から頭部にかけて見えるツートンカラーが特徴的。イタチ科の動物で、アジアやアフリカの乾燥地帯や森林に生息しています。ハチミツが好物で、ミツアナグマとも呼ばれているようです。
2018061801

こんな姿からは想像できませんが、ライオンなどの猛獣に立ち向かい、獲物を横取りすることもあるそうです。強さの秘密は分厚い皮膚。特に頭から背中にかけての皮膚は強靭で、猛獣の牙や爪も通さないのだとか。
2018061802

さらに、蛇などの毒に対して耐性があるため、毒蛇に噛まれても大丈夫。まさに怖いものなしです
2018061803

金網越しなのでちょっと撮りづらいです。起きているところも撮りたかったのですが、時間の都合で断念。
2018061804

国内ではここでしか見られない、ということで得した気分に
2018061805

2018.06.18 / Top↑