カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

前回に続き、多摩動物公園です。

園内を歩いていると、前に人だかりが。
何かと思って行って見ると、クジャクが美しい羽を広げていました。
こんなシーンに出会えるのは、ちょっとしたラッキー♪ 
たまたま電車の中から富士山が見えた時と同じように。
2015062801


この動物園では、クジャクが放し飼いになっています。
歩いていると、道でばったり出会うことも。
長~いドレスの裾を引きずっているかのよう。
2015062802


髪飾りもステキ
2015062803


前を通るとつい撮りたくなってしまうユキヒョウ。
多摩動物公園で人気の動物です。たしかに、カッコイイ
2015062804


スカイウォークをするオランウータンの親子。かなり高い所を渡っています。
「サルも木から落ちない」ところがすごい
2015062805


この子はカンガルーみたいですが、実はワラルー。
カンガルー属のうち、大型がカンガルー、小型がワラビー、その中間をワラルーと言います。
初めて聞いた時は笑ってしまいましたカンガビーでもよかったかも。
2015062806


プールの中に寝そべるサイ。
この日はとても暑くしばらくこの状態のままでした。
2015062807

スポンサーサイト
2015.06.28 / Top↑
東京に住んでいた頃、よく行った多摩動物公園。
多い時には週一回通っていたため、この動物園には並々ならぬ愛着があります。
カンガルーのおもしろさに気付いたのも、ここでした。

先週の土曜日、東京方面に行く機会があったので、多摩への立ち寄りを予定に組み込むことに
久しぶりの多摩動物公園、久しぶりの多摩カンガルー
みんな元気かな?と心を躍らせ向かったのでした。


「帰ってきた~!」というのは大げさだけど、懐かしい気持ちになる場所です。
2015062001


紫陽花が見頃でした
2015062002


真っ先にカンガルー園へ突進
いたいた、懐かしい顔ぶれが 一まわりも二まわりも大きくなっている子もいて、びっくりです。
2015062003


ぼりぼり、かゆかゆ
2015062004


ん? なあに?
2015062005


お母さんの足元でくつろぐおチビちゃん。
2015062006


袋から足だけがニョキッと。お腹が重そうです。
2015062007


ひっくり返ってダレダレのおやじカンガルー。
前の子の顔が、足で潰れちゃってますが・・・どちらも気にする様子もなく。
2015062008


お母さんのミルクを飲んでいるようです。親と同じぐらい大きいのに(^^;
2015062009


仲良く寄り添って、というか寄りかかって休むカンガルーたち。
「重いのよ!」「どいてよっ!」とは言わない。この大らかな感じが好きです
2015062010


「お腹すいたよー。何かないかな?」
2015062011


相変わらずのどかな、多摩のカンガルー園でした。
2015062012

2015.06.20 / Top↑
先週の続きです。
お正月の多摩動物公園、今日はカンガルー以外の動物たちをご覧ください。


パルマワラビーの親子。お母さんの袋の中で、何やらモゾモゾしています。
その後ろの大きい子も、中に入りたそう・・・
2015011101


顔立ちが可愛いレッサーパンダ。木登りが得意です。
2015011102


アムールトラ。体は大きいですが、ネコ科なので仕草もネコみたい
2015011103


ユキヒョウ。ファンが多く、放飼場の前はカメラを構えて見守る人が絶えません。
2015011104


オランウータンの親子。寄り添って寒さをしのいでいるのでしょうか・・・
2015011105


ゴールデンターキン。ウシ科の動物で、オスは金色の毛がとてもきれい
205011106


なかよし家族
2015011107


寒いけれど、冬晴れの空がきれいでした。
2015011108

2015.01.11 / Top↑
あけましておめでとうございます
新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?
今年も、皆様にとってよい年となりますように

昨年は、人生で初めての個展を開いたり、生活が大きく変わったり、忙しいながらも楽しい一年でした。
写真に関しては、個展が一つの集大成となったこともあり、撮影はのんびり気ままにやっていますが
カンガルーへの思いは変わってはいません
しばし充電の後、また作品づくりを楽しみたいと思っています。

さて、昨日1月2日は開園している動物園が多く、早速初撮りに行ってきました。
カンガルー達との再会に心躍らせ多摩動物公園へ。
寒くても元気なカンガルー達をご覧ください。


新春特別企画着ぐるみの動物たちがお出迎え。トラとユキヒョウ(?)
2015010301


いつもの如く、まずはカンガルー園へ突進 モリモリと草を食べるカンガルーの皆さん
「あら、誰か来たわ。」
2015010302


モッフモフの毛皮であたたかそうなおチビちゃん。
2015010303


モグモグと、いい音が聞こえてきます。
2015010304


変わった物音に反応して、一斉に振り向くルーちゃん達。
そんなことよりも、食べるのに夢中な子も・・・
2015010305


突然じゃれ始めるオス。まわりのルーちゃん達も、びっくり
2015010306


こっちでも、じゃれじゃれ。
2015010307


カンガルー園の前には、ピクニックエリアがあります。
カンガルーの袋に入って、写真撮影も可能。
2015010308


お昼過ぎから、日が射してきました。
ポカポカと日向ぼっここうなると、もう動きません。
2015010309


のどかで平和な午後でした
2015010310

次回へつづく
2015.01.03 / Top↑
秋の多摩動物公園、先週の続きです。
今日は、主にカンガルー以外の動物たちを選んでみました。


でも、やっぱりまずはカンガルー。先週の、可愛い子
2014113001


こちらは、眠そうな子。陽だまりでウトウト
2014113002


オランウータンのお母さん。これから、何かが始まります
2014113003


子供を連れて、空中をお散歩。オランウータンのスカイウォークです
2014113004


子供も自力で綱渡り。高所恐怖症なんて、ないのでしょうね。
2014113005


ウォンバットのチューバッカを見に行くと、献花台に花がたくさんあってびっくり
残念なことに、11月8日に亡くなったようです。推定29歳、とても長生きでした。
こんなにたくさんの人に愛されていたのですね。
2014113006


今年2月のチューバッカ。暖かいお部屋でお昼寝中。
2014113007


どうしても見たかったマレーバクの親子。奥にいるのが、今年の8月に生まれた子。
まだ、「ウリ坊」みたいな模様が残っています。
2014113008


キリンのお食事タイム。背が高いので、エサも高い所に吊るしてあります。
2014113009


モグモグ
2014113010


2014.11.30 / Top↑