カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

新年あけましておめでとうございます

昨年は、念願叶ってクオッカの可愛い笑顔を見ることができたり、初のウエスタングレーカンガルーの撮影ができたり、カンガルーマニアとしては大満足の一年でした。このブログを見てくださった皆様、ありがとうございました。特に、楽しいコメントをくださった皆様にはSpecial Thanksを。今年も時間の許す限り、カンガルーの写真をたくさん撮りに行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、新年最初に登場するのは、アザラシ。
カンガルー一筋のわたくしですが、最近アザラシがマイブーム、大大ブームなのです。きっかけは、アザラシのものまねを見て笑いのツボに嵌ってしまったから、という「ひょんなこと」なのですが
昨年9月に札幌に行った際、小樽水族館まで足を伸ばして、本物のアザラシを見てきました。

札幌から小樽までは電車で30-40分、小樽駅から水族館まではバスで30分弱、意外と好アクセスです。
2018010301

海のすぐ近くの高台にあります。
2018010302

アザラシは、屋外の「海獣公園」にいます。というか、ほぼ海。
2018010303

子供、大人のオス、大人のメスなど、それぞれにプールがあります。手前は子供のプール。
2018010304

各個体の紹介写真。水族館で生まれた子より、もともと野生で保護された子のほうが多いようです。
2018010305

大人のプール。この中では32歳が最高齢ですが、この水族館では46歳まで生きたアザラシもいるそうです。すごい!(アザラシの寿命は30歳前後)
2018010306

ゴマフアザラシかな?スイスイ~っと背泳ぎ。そろえた手がかわゆい。
2018010307

こちらはゼニガタアザラシでしょうか。まぶしそう。
2018010308

スイスイ行ってしまうので、追うのが大変
2018010309

おじいちゃんアザラシや、目が見えないアザラシのために、ケアプールもあります。
2018010310

のんびり暮らしています。
2018010311

再び、大人のプールへ。ここへ来るときに、水族館の入場券付の札幌-小樽往復切符を買ったのですが、それにアザラシの餌無料券がついていたので、餌(魚)をあげてみました。魚の入ったバケツを受け取った瞬間に周りの鳥に狙われ、怖い怖い泳いでいるアザラシもたくさん寄ってきます。
2018010312

みんな魚を欲しそうで、どの子にあげればいいのか困ってしまう~
2018010313

ちゃぽっ!と水を叩いて、まるで「ちょーだい」と言っているかのようです。
2018010314
単独行動のため、餌やりの瞬間は写真に撮れずせめてお魚の写真だけでも撮ればよかったなぁ・・・

水辺でひと休みするアザラシさんたち。カンガルーのお休みと同じで、和む光景です。
2018010315

後で知ったのですが、小樽水族館では約50頭ものアザラシを飼育していて、その数は断トツ日本一だそうです。海と仕切り一つで隔てただけの環境も素晴らしく、アザラシを見るには最高!いい所に来ることができました
スポンサーサイト
2018.01.03 / Top↑
動物園に行く時、カンガルー以外で必ず見たい動物がキリンです。キリッとした顔立ちの中に、愛嬌を感じるからかもしれません。テレビの動物番組などで見る野生のキリンは、首をぶつけあって激しく闘うこともありますが、動物園で見るキリンは、穏やかでおとなしいイメージ。
今までに撮った中から選んだキリン傑作選、どうぞお楽しみください

座ってくつろぐキリン。背が高く脚が長いので、座ったり立ったりする時は少し時間がかかります。後ろにいるのはシロオリックス。
2016041001

草上のキリン。左端はオスで、一際体が大きい。
2016041002

うーん、かっこいい後ろにいるメスも、うっとりしているように見えます
2016041003

2頭並んでシャッターチャンス。このメスもなかなかの美人さんです。天然のアイラインが素敵
2016041004

授乳中の親子
2016041005

元気に駆け回る子供
2016041006

こちらはお食事中。草を食べる口元が可愛らしい
2016041007

仲良くもぐもぐ
2016041008

高い所に吊るされた籠から、餌を食べています。背が低いと届きません
2016041009

水を飲む時は、長~い首を曲げて。
2016041010

紅葉をバックに。真っ黒な舌をしています。
2016041011

しっぽ
2016041012

戯れる親子
2016041013

ダチョウとキリン
2016041014

黄昏るキリン
2016041015

2016.04.10 / Top↑
3月に入り、まだ寒さは残るものの、春がそこまでやって来ました。
桜の開花が待ち遠しいこの頃です
動物たちにとっても、きっと春の訪れは嬉しいものなのでしょう。

暫くルーちゃんに会いに行けず、またまたネタ切れなので
今日はカンガルー以外の動物を選んでみました。
題して、「カンガルー以外で好きな動物」です。


スラッとした姿に、愛嬌たっぷりの顔立ち。
キリンは、こんなふうに座って休みます。
2015030801


マーラ。ネズミ科の動物です。
夫婦は一生共に過ごし、協力して子育てをします
2015030802


ゴマフアザラシ。昔、少年アシベという、アザラシの「ゴマちゃん」の漫画が流行りましたが、
飼い主の少年が本気で羨ましかった私です
2015030803


ホッキョクグマは、最大の肉食獣と言われていますが、
こんなあどけない顔を見ていると、近づきたくなってしまいます。
2015030804


真っ白なお腹に短い脚が、たまらなく可愛いペンギン
キングペンギンは色合いがとてもきれい
2015030805

2015.03.08 / Top↑
もうすぐ立春徐々に日が長くなってきました。
春も間近ですが、一年でいちばん寒い時期です。
風邪がはやっているので、皆さまご自愛ください

5年ほど前、札幌の円山動物園に、イコロとキロルというホッキョクグマの双子がいました。
その愛らしい姿が大人気となり、私も2回ほど札幌まで足を運びました。
そのうち1回は真冬の雪の中。防寒着に身を包み、機材をタオルでくるみ、粘ること数時間・・・
自分の上に雪が積もるほどでした
暖かいオーストラリアでカンガルーを撮るのとは大違い。若かったな~と思います。
そんな、凍るおもいで撮ったイコロとキロルの写真を、少し選んでみました。


重なりあって寝る、とっても仲良しな2頭
2015020101


いつまでも見ていたくなる寝顔
2015020102


ボール遊びが大好き。決して芸をしているのではありません。
2015020103


おもちゃをもらって大喜び
2015020104


いじけちゃってる・・・の図
2015020105

現在、イコロは帯広動物園で、キロルは浜松市動物園で暮らしています。

2015.02.01 / Top↑
暑い週末となりました
我が家では今、「あらいぐまラスカル」がブレイク中です
子供の頃、アニメで大人気だったラスカル
実際のあらいぐまとはだいぶ違いますが、つぶらな瞳としましまの尻尾に癒されます

さて、今日はカンガルーを離れ、他の動物の画像を並べてみました。


仲よく寄り添うアミメキリン
目を縁取る線が、まるでアイラインのようです。
2014061501


プレーリードッグ正面図
2014061502


葉っぱの影から覗く、リスザル
2014061503


戯れ合うアシカの子供
2014061504


キングペンギン 色鮮やかな模様がきれい
2014061505


ぞうさんのお食事
2014061506


噂のラスカル君ヨーヨーで遊んでます
2014061507


2014.06.15 / Top↑