カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

今日は、カンガルー以外のオーストラリアの動物を紹介します。

まずは、一番人気のコアラ。
2013042901

カンガルーと同じ有袋類で、メスはお腹に袋を持っています。
主に木の上で過ごし、一日の大半は寝ているか、休んでいるか
主食のユーカリはあまりエネルギーにならないため、省エネしているそうです。
日本の動物園ではカンガルーより人気がある(ように見える)し、オーストラリアのお土産のチョコレートは、ほぼ全てがコアラモチーフであることに、私はちょっと不満
まあ、確かにかわいいけど・・・

コアラの親子×2
2013042902


コアラ3段重ね
2013042903


ポッサム。 パッチリお目目が可愛らしいけれど、爪が鋭い
2013042904


ディンゴ。 タイリクオオカミの一亜種で、カンガルーの天敵です。
2013042905


タスマニアデビル。 肉食の有袋類です。
その鳴き声と、家畜を襲う害獣であることから、悪魔にたとえられたのだとか。
どんな鳴き声なのか聞いてみたい。
2013042906


キノボリカンガルー。 その名のとおり、木に登ります。
見た目は全然違うけれど、カンガルーの仲間。
2013042907


エミュー。 よくダチョウと間違えられていますが、ダチョウより小さいです。
私のカメラバッグを荷物検査しようとしているところ。何もおいしい物は入っていません
2013042908

スポンサーサイト
2013.04.29 / Top↑
ゴールドコーストにある、Currumbin Wildlife Sanctuary(カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ)は、カンガルーに大接近できる、お気に入りの場所です。
自然溢れる広大な敷地の一部にカンガルーが暮らし、私達もそこへ入ることができます。


カンガ・ルールズ。カンガルーに触れ合うときの注意が書いてあります。
「カンガルーをギュッと抱きしめないでください」とか、「袋の中の子供に触らないでください」とか・・・
幼いカンガルーの子供に人間の臭いがつくと、母親は育児放棄をすることがあるそうです。
2013042101


門を入ると広がる、カンガルーの楽園
2013042102


お腹がすいている時を除けば、カンガルーは人間に無関心のよう。
でも、子供は好奇心旺盛なのか、向こうから近づいてきます。
「遊ぼうよ~」と言っているかのよう
2013042103


2頭とも、袋に子供がいます。ママ友かな?
2013042104


寝起きで、目がウルウル
(私の足音で起こしちゃいましたごめんなさい
2013042105


そんな不届き者に邪魔されないように、カンガルーのプライベートゾーンもあります。
2013042106


強そうなオスのアカカンガルー。かなり近寄っていますが、襲われることはありません。
むしろ、しゃがんで姿勢を低くして「大好きオーラ」を出していると、顔を寄せてきてくれることも
(意外となで肩
2013042107


女の子に愛を囁いている(?)微笑ましい光景
2013042108

2013.04.21 / Top↑
今日は風が強いものの、いいお天気の行楽日和
先週で仕事に一段落ついた私は、気分も軽くルンルンしながら撮影に行ってきました。
新宿御苑では、関山(カンザン)や普賢象(フゲンゾウ)などの八重桜がフィナーレをむかえています。


強い風が吹き、花吹雪が起こる
2013041401


ぼってりとした、桜餅のような八重桜。おいしそう~
2013041402


花びらが池を覆う
2013041403


猫好きの方へサービス桜の木の下で
2013041404


木も地面もピンク色に
2013041405


目にも心にも、優しい桜
2013041406

2013.04.14 / Top↑
日本で春に咲く花といえば桜ですが、オーストラリアでも、春に咲き誇る花があります。
ジャカランダ(Jacaranda)という、紫色の美しい花です。
南半球に位置するオーストラリアの春は、9月~11月頃。
以前、10月下旬にブリスベンを訪ねた時、満開のジャカランダを見ることができました。

ローンパイン・コアラサンクチュアリにて。大きな木いっぱいに花が咲く。
2013040701


春うららかな日。くつろぐカンガルー達。
2013040702


春眠暁を覚えず
2013040703


ワラビーちゃん 草の上は座り心地がよさそう。
2013040704


平和で静かな午後。
2013040705


何ていう花だろう・・・
2013040706

2013.04.07 / Top↑