カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回に続き、多摩動物公園です。

園内を歩いていると、前に人だかりが。
何かと思って行って見ると、クジャクが美しい羽を広げていました。
こんなシーンに出会えるのは、ちょっとしたラッキー♪ 
たまたま電車の中から富士山が見えた時と同じように。
2015062801


この動物園では、クジャクが放し飼いになっています。
歩いていると、道でばったり出会うことも。
長~いドレスの裾を引きずっているかのよう。
2015062802


髪飾りもステキ
2015062803


前を通るとつい撮りたくなってしまうユキヒョウ。
多摩動物公園で人気の動物です。たしかに、カッコイイ
2015062804


スカイウォークをするオランウータンの親子。かなり高い所を渡っています。
「サルも木から落ちない」ところがすごい
2015062805


この子はカンガルーみたいですが、実はワラルー。
カンガルー属のうち、大型がカンガルー、小型がワラビー、その中間をワラルーと言います。
初めて聞いた時は笑ってしまいましたカンガビーでもよかったかも。
2015062806


プールの中に寝そべるサイ。
この日はとても暑くしばらくこの状態のままでした。
2015062807

スポンサーサイト
2015.06.28 / Top↑
東京に住んでいた頃、よく行った多摩動物公園。
多い時には週一回通っていたため、この動物園には並々ならぬ愛着があります。
カンガルーのおもしろさに気付いたのも、ここでした。

先週の土曜日、東京方面に行く機会があったので、多摩への立ち寄りを予定に組み込むことに
久しぶりの多摩動物公園、久しぶりの多摩カンガルー
みんな元気かな?と心を躍らせ向かったのでした。


「帰ってきた~!」というのは大げさだけど、懐かしい気持ちになる場所です。
2015062001


紫陽花が見頃でした
2015062002


真っ先にカンガルー園へ突進
いたいた、懐かしい顔ぶれが 一まわりも二まわりも大きくなっている子もいて、びっくりです。
2015062003


ぼりぼり、かゆかゆ
2015062004


ん? なあに?
2015062005


お母さんの足元でくつろぐおチビちゃん。
2015062006


袋から足だけがニョキッと。お腹が重そうです。
2015062007


ひっくり返ってダレダレのおやじカンガルー。
前の子の顔が、足で潰れちゃってますが・・・どちらも気にする様子もなく。
2015062008


お母さんのミルクを飲んでいるようです。親と同じぐらい大きいのに(^^;
2015062009


仲良く寄り添って、というか寄りかかって休むカンガルーたち。
「重いのよ!」「どいてよっ!」とは言わない。この大らかな感じが好きです
2015062010


「お腹すいたよー。何かないかな?」
2015062011


相変わらずのどかな、多摩のカンガルー園でした。
2015062012

2015.06.20 / Top↑
初夏はバラの季節です
姿形の華やかさも魅力的ですが、その香りに包まれているだけで、幸せな気分になれます
今日は、動物はお休みして、バラづくしでいってみましょう。
(5月末に撮影)


茨城県石岡市にあるフラワーパークのバラ園では、約3万株のバラが咲きほこっていました。
2015061501


花の蜜を求めて、みつばちがやってきます。
2015061502


色とりどりのバラ。花に囲まれ過ぎると、何を撮っていいのかわからなくなります
2015061503


バラのアーチ
2015061504


枝垂れるように咲く、珍しいバラ。「花見川」という名前がついていました。
2015061505


見渡す限りのバラ。
2015061506


目にまぶしい鮮やかな色が、青空に映えます。
2015061507


淡いピンクが可憐。
2015061508


ジギタリスとみつばち。
2015061509


「ラムズイヤー」というハーブの一種。
葉の見た目や感触が子羊の耳みたいなので、この名前が付いたそうです。
2015061510


花のすべりだいを疾走するわたくし。
2015061511

2015.06.15 / Top↑
東武動物公園の最終回です。
鳥類や、この動物園の人気者、ホワイトタイガーなどご覧ください。


キングペンギンは、体の色がとても綺麗
この真っ白なお腹と、ペタペタ歩く姿が好きです。
2015060701


シロフクロウは、北極圏を始めとする寒い地域に生息します。
全身真っ白なオス。
2015060702


一方、メスは体に模様があります。
2015060703


アンデスの猛禽、コンドル。首元の白い襟巻が素敵です
2015060704


精悍な顔のヘビクイワシ。冠羽が羽根ペンに似ていることから、"secretary bird"の英名を持ちます。
2015060705


つがいで卵を守っているようです。
2015060706


お昼寝中のホワイトタイガー。
上野動物園のパンダ並みに人気があり、獣舎前は一方通行です。
この子は今年の1月生まれ。肉球がプニプニしそう
2015060707


シマウマもいろいろですが、この子はグラントシマウマ。
去年の暮れに生まれたそうです。スタイルが良くてかっこいい
2015060708


木陰で休息するダチョウ。羽が黒い方がオス、茶色っぽい方がメス。
2015060709


ホンドリス(ニホンリス)。チョコチョコ動くので、シャッターチャンスが難しい
右側の子は、かまってほしいようです
2015060710

2015.06.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。