カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ブリスベン、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリの続きです。
ここには名前のとおり、コアラもたくさんいるのですが(130頭ぐらい)、カンガルーが広~い草原でのびのびと暮らしていて、触れ合うのにも写真を撮るのにも絶好の場所です。

木陰でくつろぐアカルーちゃん。まだ子供です。
2015122701

寝そべりながらも、カメラ目線をしてくれます。
左端の子、その腕がたまりません
2015122702

餌をあげるわたくし。
かわいいルーちゃんに囲まれて、幸せ~
2015122703

こちらはグレールーちゃん。広々とした草原で、草食べ放題です
2015122704

ワラビーの仲良し親子。
これは"Pretty-faced Wallaby"という種類のワラビーで、その名のとおり可愛らしいお顔。
2015122705

さて、このサンクチュアリには、私のお気に入りのハミッシュ君というアカルーちゃんがいます。
それらしき子を発見して、感激のわたくし元気そうでよかった!
2015122706

・・・と思ったら、向こうにもハミッシュ君に似ている子が。
よく見ると、こっちが本物のハミッシュ君でした(間違えてゴメンナサイ
さっきの子は、ハミッシュ・ジュニアかも・・・
手前の子と仲良しなのか、いつ来ても一緒にいます
2015122707

ハミッシュ君、覚えてる?覚えてないよね。
すっかりオヤジになったけど、また会えて嬉しいわ
2015122708

オージーオヤジーズの皆さん。(グレーカンガルー)
2015122709

ルーちゃんに大接近して、パシャ
2015122710

ジャカランダとハミッシュ君と私。「部屋とYシャツと私」みたい
2015122711

ジャカランダが咲く春の青空の下、お昼寝をするハミッシュ君。
平和に幸せに暮らしているようで、安心しました
2015122712

まだまだ続く
皆さま、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
2015.12.27 / Top↑
早いもので、今年もあと3週間足らずとなりました。
今回のオーストラリア編では、紹介したい写真がまだたくさんあるのですが、なかなか更新できず年を越してしまいそうです。

さて、今回から2~3回にわたり、ブリスベンでの様子をお伝えします。
ブリスベンは、オーストラリア第3の都市。
ゴールドコーストから行くには、街の中心部から鉄道の駅までバスで約40分、さらに電車で70分かかります。
電車はほぼ時間どおりに動いて快適なのですが、今回は行きも帰りもアクシデントに見まわれてしまいました
車両の不具合、運転見合わせ・・・
異常事態を知らせる車内や駅の放送に、不穏な空気集中して聴き取ろうとする私たち
旅にアクシデントはつきもの、思い出も深くなりますが・・・ ヒヤッとしました(^^

ブリスベンの"Central"駅。着いてよかった!
2015121301

まずは、ブリスベンシティー植物園へ。
2015121302

青空の下、お散歩をするのにとてもよい所です。
2015121303

この時期(10月下旬)は、ジャカランダが満開。
日本ではなかなか見られない紫色の花に目を奪われます。
この花を見るのも、今回の旅の目的の一つでした。
2015121304

この植物園はブリスベン川に面していて、川辺を散策することもできます。
2015121305

街の中心部に戻り、フードコートでお昼ご飯。
右はから揚げ丼、左はラーメン、海苔とナルトも入っています。
ラーメンというより、うどんみたいでした。
2015121306

今日の目玉、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリに到着。
2015121307

いたいた、アカルーちゃん 日中の暑い時間帯なので、木陰で寛いでいます。
この時、気温は28度ぐらい。
2015121308

こちらはグレールーちゃん。草の上が気持ちよさそうです
2015121309

こちらもグレールーちゃん。
近寄り放題、触れ合い放題で、大興奮です
2015121310

次回は、私の好きなハミッシュ君との再会です

2015.12.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。