カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回から時間があいてしまいましたが
野生のルーちゃんの続きをお送りします。

草原の中のカンガルー。
草の緑と可憐な花が映える景色に、写真ごころが躍ります
2016013101

そおーっと撮っているつもりでも、感づかれてしまいます。
それにしても、ここは別世界
2016013102

子連れを発見しました。
こんなに小さくて可愛らしい子も、自然の中で逞しく生きているのですね。
2016013103

ガイドさんと、他のツアー参加者は、コアラを探して先にスタスタと。
カンガルーに夢中の私達は、なかなか追いつけません
2016013104

やっと見つけたコアラ。(写真中央より少し右上)
ユーカリの木の高~い所にいます。
2016013105

ひときわ体の大きなオス。
動物園のオヤジとは違う凛々しさを漂わせています。
2016013109

ここで生涯を終えたカンガルー。
2016013108

行く手にズラリと並んだルーちゃんの一団。
私達を怖がっている様子はありませんが、やはり警戒しているようです。
2016013110

お花畑の中のルーちゃん。
雨がシトシト降り始めましたが、この光景を目に焼き付けようと、雨も気にならず。
2016013111

今回の会心の一枚。ここにいるルーちゃん達に出会えて、本当に幸せでした。
2016013112

後ろ髪引かれる思いで保護区を去る私達を見送りに、駐車場まで来てくれた(?)ルーちゃん。
また近い将来、ここに来ようと心に誓ったのでした。
2016013113


スポンサーサイト
2016.01.31 / Top↑
年が明けてお休みも終わり、いつもの日常が戻ってきました。
今年もよろしくお願いいたします

さて、オーストラリアシリーズもいよいよ後半。
今回はこの旅の目玉、野生のカンガルーをお届けします。

カンガルーの撮影を始めてから7年、いつか野生のカンガルーを見たいと思っていましたが、ついに念願が叶うことに。
野生のカンガルーやコアラを見に行く現地ツアーを発見したのです
(というか、今まで見つけられなかったのが、どん臭い・・・
が、当日の天気予報は曇りのち雨野生なので雨が降ったっているはずなのですが、ツアーが催行されるのかヒヤヒヤドキドキでした。

朝、海へお散歩に。青空が見えるものの、雲が多いお天気です。
2016011101

朝食を食べに、おいしいと評判のパンケーキ屋さんへ。
お店の前にある大きなパンケーキに引き寄せられます
2016011102

シンプルなパンケーキを注文。メープルシロップと、オプションのアイスクリーム付き。
ほどよく甘く、ふわふわでおいしかったです
2016011103

ツアーは午後3時出発。
お昼頃にどしゃ降りの雨が降りましたが、すぐやんでひとまず安心です
この日のツアー参加者は私達以外にもう二人ということで、ワンボックスカーで出発しました。
道中、ガイドさんが絶えずいろいろな説明をしてくれます。
前方には、オーストラリアではおなじみ、カンガルー注意の標識。
2016011104

続いてコアラの標識も。
ガイドさん 「雨が降ったので、コアラを見られるかどうかわかりません。やはりコアラが見たいですよね?」
私達 「いえ、カンガルーの方が見たいのですけど。」
ガイドさん 「ええ~?!珍しいですね。コアラを見たくて参加される方が多いのに。」
2016011105

そう、よく言われます。「珍しい」と。
その直後、ガイドさんは動揺して道を一本間違える始末。「いや~、すみません。びっくりしちゃって
一緒に参加したお二人は、もちろんコアラ!という多数派でした。

ようやく目的地に到着。
クンババレイクランドという動物と自然の保護区で、一日の入場者数が制限されているそうです。
説明をしてくれるガイドさん。
2016011106

ワクワクしながら中へ。ガイドさんはコアラを探して上を見ながら歩いていましたが、私達はカンガルーを探してキョロキョロ
まず見つけたのは、ワライカワセミでした。
2016011107

わー、いたいた茂みの向こうにルーちゃんが。しかも親子です。
人生で初めて見るワイルドルーちゃんに、静かに大コーフン
2016011108

わー、こっちを見てる!
2016011109

いっぱいいる~~!
もう、舞い上がってしまうわたくしなのでした。
2016011110

つづく

2016.01.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。