カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ゴールドコーストにある、Currumbin Wildlife Sanctuary(カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ)は、カンガルーに大接近できる、お気に入りの場所です。
自然溢れる広大な敷地の一部にカンガルーが暮らし、私達もそこへ入ることができます。


カンガ・ルールズ。カンガルーに触れ合うときの注意が書いてあります。
「カンガルーをギュッと抱きしめないでください」とか、「袋の中の子供に触らないでください」とか・・・
幼いカンガルーの子供に人間の臭いがつくと、母親は育児放棄をすることがあるそうです。
2013042101


門を入ると広がる、カンガルーの楽園
2013042102


お腹がすいている時を除けば、カンガルーは人間に無関心のよう。
でも、子供は好奇心旺盛なのか、向こうから近づいてきます。
「遊ぼうよ~」と言っているかのよう
2013042103


2頭とも、袋に子供がいます。ママ友かな?
2013042104


寝起きで、目がウルウル
(私の足音で起こしちゃいましたごめんなさい
2013042105


そんな不届き者に邪魔されないように、カンガルーのプライベートゾーンもあります。
2013042106


強そうなオスのアカカンガルー。かなり近寄っていますが、襲われることはありません。
むしろ、しゃがんで姿勢を低くして「大好きオーラ」を出していると、顔を寄せてきてくれることも
(意外となで肩
2013042107


女の子に愛を囁いている(?)微笑ましい光景
2013042108

スポンサーサイト
2013.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kangaroo2008.blog.fc2.com/tb.php/10-79cb3f6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。