カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
風薫る5月、GWも終盤を迎えました。
撮影に行く時間がたっぷりあるかと思いきや、なかなか予定通りにはいかないもので
最近、撮影をサボリ気味の私です

今日は、ストックした写真の中から、オーストラリア動物園を紹介します。
この動物園は、ブリスベンから約110キロ北上した、サンシャインコーストという町にあります。
園内は広くて緑が多く、歩いているだけでいい気持ち
2013050501


トラの真横で解説する飼育員さん。
余裕の表情、そして無防備・・・
2013050502


この動物園の目玉、クロコダイルショー。 かなりきわどい事をやってます
2013050503


今度は、チーターのお散歩に遭遇。 脚をカプッとやられたりしないのでしょうね。 すごい信頼関係
2013050504


ワクワクしながら、お目当てのカンガルーの元へ
大きな壁を何面も使って、壁画のように説明が書かれています。 絵がとてもリアル。
"MACROPOD"とは、動物の分類上使われる名前で、「大きな足」という意味。
2013050505


カンガルー園で写真を撮っていると、なんとタスマニアデビルがお散歩に来ました。
犬みたいにリードに繋がれて、かわいらしい
2013050506


が、肉食動物であるタスマニアデビルは、カンガルーにとっては脅威のはず
立ち上がり、耳をピン!と立てて警戒態勢。
2013050507


危険が過ぎ去れば、草の上にゴロン。
ちなみに、カンガルーはお散歩させていませんでした。元々広い場所にいるので、その必要がないのでしょうけど。 カンガルーとお散歩できたら、楽しいだろうな~
2013050508


動物園の隣には動物病院があり、中を見学できます。
右側の男性は、オーストラリア動物園の元経営者、スティーブ・アーウィン。
動物を愛し、環境保護活動家やタレントとしても活躍しましたが、ドキュメンタリー番組の撮影中、アカエイに刺されて亡くなりました。 この動物病院に、彼の志が受け継がれているそうです。
2013050510

スポンサーサイト
2013.05.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kangaroo2008.blog.fc2.com/tb.php/12-29b5277e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。