カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
このシリーズ最終回です。
今日は、旅行中に滞在していたゴールドコーストを紹介します。

ゴールドコーストのランドマーク、Q1(高さ322m)の展望台からの風景。 美しい海岸が40km以上も続きます。 内陸へ1時間も車を飛ばせば、世界自然遺産に指定された亜熱帯雨林もあり、リゾート気分も大自然も満喫できるところです。
2013063001


住宅事情を観察
現地の人によると、プール付きの家が多いのは特別なことではないそうです。
さすが豊かな国、オーストラリアらしい
2013063002


現在、町の中心から延びる道路は、大がかりな工事中。 路面電車が開通するのだとか。
2013063003


砂浜で見る日の出。 潮風が心地よい
2013063004


再び、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ(Currumbin Wildlife Sanctuary)へ。
母親の袋に顔を入れて、ミルクを飲むカンガルーの子供。 ミルクは子供の成長段階に合わせて成分が変わるそうです。 ちなみに、カンガルーの子供のことをジョーイ(joey)といいます。
2013063005


耳を澄まし、遠くを見つめる凛々しい横顔。 何を見て、何を思っているのかな?
2013063006


おもしろい場面に遭遇。 園内を走る電車の行く手をカンガルーが塞いでしまったため、運転手さんが電車を止めて降りてきました。 「おーい、そっちはダメだよ。」とカンガルーを移動中。
2013063007


木の上を渡る、キノボリカンガルーの親子。
2013063008


「落ちちゃうよぉぉーー!助けてぇ!」
2013063009


無事、母親に保護されました
2013063010


怖くなったのか、子供は母親の袋にもぐりこんでしまいました。(片手・片足が出てる)
母親は重いお腹をかかえているのに両足立ち。 驚異的なバランス感覚
2013063011


カンガルーにえさをあげているわたくし
夕方になるとみんなお腹がすくので、「ごはんちょうだい~」と寄ってきます。
2013063012


ゆったりと流れる静かな時間。 私もここに溶け込みたい~帰りたくない~
と思いつつ、「みんな元気でね」とまた来ることを誓うのでした。
2013063013


スポンサーサイト
2013.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kangaroo2008.blog.fc2.com/tb.php/18-5a5c6a84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。