カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すっかり春らしくなり、ポカポカと暖かい日が増えてきました
このブログの更新が遅れに遅れてしまいいつも見に来てくださる方、申し訳ありません

さて、前回のデイビッドフレイ・ワイルドライフ・パークではルーちゃんに会えなかったため、もう一軒ハシゴすることにしました。動物園のハシゴなんて、個展の準備をしていた時以来かな・・・。とにかく、旅行最終日でもあるので、思い残すことがないようにサッサとGo! なのです

やって来ました。旅行初日にも来た、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー。
アカカンガルーの可愛い子に大接近
2016032001

ルーちゃんと戯れるわたくし首元を優しくもみもみ。
2016032002

このサンクチュアリーでぜひ見たかったのが、クオッカ(またはクアッカ)。
ワラビーの一種なのですが、口角が上がっていて笑っているように見えるので、「世界一幸せな動物」と呼ばれています。オーストラリア南西部(ロットネスト島)に生息する絶滅危惧種の動物で、日本の動物園では飼育されておらず、オーストラリア国内でもかなりレアです。
2016032003

クオッカの放飼場はこんな感じ。見づらいですが、右側の柵際に寝転がっています。
左側にはコアラも。
2016032004

撮りづらい位置にいて、やっと撮れた一枚。可愛らしいけど、口元がよく見えません。
2016032005

別の角度からもう一枚。それでも口元が見えずもう少し上を向いて~
粘りましたが、結局これが限界でした噂のニッコリ顔を見るためには、ロットネスト島に行くしかないか・・・?
2016032006

クオッカのニッコリ顔は諦めて、コアラへ。
2016032007

お母さんの背中にしがみついて、ユーカリの葉をはむはむ。
2016032008

移動するときも一緒
2016032009

再びルーちゃんの所へ。グレーカンガルーの親子が戯れています
2016032010

こちらはアカカンガルーの親子。子供が袋にすっぽり。
2016032011

夕方になり涼しくなってくると、動きだすルーちゃん達。
閉園間際は人が少ないので、貴重な時間です。
2016032012

まだおねむなルーちゃん。このオヤジ感が好き
2016032013

名残を惜しみつつ、ルーちゃん達にお別れを。またね~
2016032014

スポンサーサイト
2016.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kangaroo2008.blog.fc2.com/tb.php/87-45b98f81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。