カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

オーストラリア旅行2日目。この日は野生のカンガルーを見るため、クンババレイクランド自然保護区(Coombabah Lakelands Conservation Area)という所へ出かけました。

昨年は現地ツアーに参加して、エコガイドさんとここに来たのですが、今回朝のツアーを予約しようとしたら、大人4名からでないと申し込みさえできないようになっていてガッカリ夫婦やカップル、子供連れの一家、友達同士3人以下で旅行に来た人は予約できないじゃないの!何それ・・・と散々愚痴った後、なんとか自力で行くことはできないかと調べまくる私なのでした。

こういうことは仕事よりはかどるネットを駆使して調べてみると、トラム(路面電車)とバスを乗り継いで1時間程で行けることが判明。バスを降りた後の道もグーグルマップのストリートビューで見られるし、便利な時代でよかった~

大ハリキリで朝一番のバスで到着(と言っても既に8時)。このエリアはゴールドコースト市で管理されていて、入口のゲートは朝6時に自動で開くようになっています。
2016103001

カンガルーに注意の標識。もう、どこにカンガルーがいてもおかしくない
2016103002

自然がいっぱいで人気がないのですが、地元の自然愛好家(?)の人達を行く手に見つけ、ちょっと安心。
2016103003

いたいたこの日のファーストルーちゃんです。
2016103004

既に日が高いせいか、寝そべってくつろぐカンガルーが多数派。
2016103005

可愛い子を見つけました。野生だし、特に子連れは警戒心が強いので、カンガルー好き好きオーラを大放出しながら観察します。
2016103006

遠くには別の親子が。草原を駆け抜けるカンガルー。うーん、絵になる~
2016103007

青い空の下、こんな広い草原にカンガルーがたくさんいたらいいのだけど、日差しが強く気温も上がってきたので、カンガルー達は木陰の目立たない場所にいるもよう。こうなることを見越して今日は一日空けてあるので、また後で来ま~す
2016103009

バス停へ戻る道すがら、出会ったカンガルー。車に気を付けてね。
2016103010

やっぱ帰ル~
2016103011

奥の方に行ってしまうのかと思ったら、まだいてくれました。動物園並みの近さ。
2016103012

こちらを伺うように見ています。
2016103013

キリリと美しい横顔。
2016103014

最寄のバス停。私もこの高校に通いたかった!(笑)
2016103015

野生のカンガルー、午後の部につづく
スポンサーサイト
2016.10.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kangaroo2008.blog.fc2.com/tb.php/98-e46aa891