カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

寒~い日が続いていますここ最近は寒波の影響で特に寒く、日本海側は大荒れですがかたやオーストラリアでは記録的な猛暑となっているようです。シドニーでは40度超えとか・・・
猛暑は山火事を引き起こすし、そうなると野生の動物達も被害を受けるし、心配なところです。

さて、オーストラリア旅行も終わりに近づき、いよいよ翌日は帰国。ゴールドコーストでの最後の一日は、おなじみのカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリに出かけました。思う存分、カンガルーと触れ合っていかなければ

かわいらしい親子に接近
2017011501

ちょっと用心深そうな、アカカンガルーの子供。
2017011502

のんびりと寛ぐひと時。食べられそうになってます・・・この鳥はオーストラリアクロトキ。日本で珍重されているトキとは対称的に、あちらこちらで出くわします。
2017011503

このサンクチュアリにもコアラがたくさんいます。モコモコして、気持ちよさそう。
2017011504

ウォンバットもモコモコ。お食事は栄養バランスが良さそうです。
2017011505

ここに来る目的の一つは、キノボリカンガルーを見ること。ローンパインにはいないし、日本ではズーラシアにしかいません。とっても可愛いのに、あまり認知されていないのも残念出てきて顔を見せて~
2017011506

出てきた~!何か食べてます。
2017011507

カボチャのようです。
2017011508

この子は、丸くなってお休み中後姿がたまりません
2017011509

起きている子を発見。目がブルーがかっていますうるわしい横顔。
2017011510

カランビン、次回へ続く
2017.01.15 / Top↑
2017年が始まりました今年もよろしくお願いいたします。
年が明けると寒さも一段と増すようで、朝は氷点下の日が多くなりましたでも、冬至が過ぎて日が長くなっていくので、気分も上向きに

さて、前回に続き、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリの動物達を紹介します。

看板動物のコアラ。枝の間にうまい具合に収まってます。前で揃えた手がカワユイ
2017010701

こちらはお休み中よくもまあ、こんな格好で寝られるもので。コアラは木から落ちないので、縁起がいい動物と言われています。
2017010702

お母さんの背中にしがみついて、ユーカリの葉をもぐもぐ。
2017010703

タスマニアデビル。獰猛でちょっとこわ~いけれど、その母乳が新たな抗生物質の開発に役立つかもしれないのだとか。デビルに限らず、有袋類の母乳にはすごい力があるそうです。
2017010704

春は子育ての季節。ヒナと親鳥を見つけ、そっと盗撮。Bush Thick-knee(オーストラリアイシチドリ)という名前だそうです。
2017010705

エミューの居ないスキを狙って、いただきま~す!
2017010706

ふさふさの毛につぶらな瞳。私は誰でしょう?
2017010707

正解は、ワライカワセミ。笑うように鳴く、オーストラリアを代表する鳥の一つです。ふっくらコロコロ
2017010708

何だか分からないので載せようか迷ったのですが・・・
カモノハシは、哺乳類なのにくちばしを持ち、卵を産む不思議な動物です。暗い場所な上にストロボは使えないのでブレブレですが、水からあがったほんの一瞬を。
2017010709

最後にもう一度カンガルーエリアへ。ゆったり寛ぐカンガルーは、見ているだけで癒されます
2017010710

2017.01.07 / Top↑
だいぶ間が空いてしまいました

オーストラリアから帰ってきてまだ2か月なのに、あの旅行が遠い昔のように感じられ、早くもカンガルー欠乏症です。庭の陽だまりを眺めながら、「ここにカンガルーが遊びに来たら楽しいだろうな~」と妄想にふける今日この頃

さて、オーストラリア旅行4日目は、初日に行ったブリスベンのローンパインへ、またまた行ってきました。何度行っても飽きないこのサンクチュアリー。たくさんのアカカンガルーとグレーカンガルーが、広~い草原でのびのびと過ごしています。しかも、ちっちゃくて可愛い子からオッサンまでいろいろ。カンガルー好きにはたまりません

ゴールドコーストのネラング駅からブリスベンへ。日曜日のせいか、閑散としています。
2016121801

ブリスベン空港行きの電車に乗ります。
2016121802

ブリスベンの市庁舎。なんだか雲行きがあやしい・・・
2016121803

癒しのカンガルースポットに到着。
2016121804

同じ格好で寝そべるオヤジーズ。なんなんでしょ、このカメラ目線は
2016121805

まるで中に人が入っているみたい。
2016121806

ワラビーの皆さん。なんて種類かは・・・忘れました
2016121807

エレガントワラビー。メスに近づきたいオスを、子供がブロック?
2016121808

草をはむはむ、グレーカンガルー。いちばん奥の子が、いい味出してます
2016121809

今日のお気に入り。ちょっとブサイクなところが、なんとも魅力的
2016121810

ローンパイン、次回につづく

2016.12.18 / Top↑
オーストラリア旅行3日目。この日は、ノースストラドブローク島(North Stradbroke Island)へ行く日帰りツアーに参加しました。この島はブリスベンの東30キロに位置し、世界で2番目に大きな砂島と言われています。

実はこのツアー、去年のオーストラリア旅行でも予約していたのですが、ツアー前日の夜、天候不良が予測されるために催行中止となってしまったのでした。中止の連絡を受けた時は本当にガッカリしかも、当日は雨なんて降りゃしないし・・・そんなわけで、今度こそはと迎えたツアー当日の朝。晴れ渡る空に心躍ったのでした

トヨタの4WD2台で出発。運転席の後ろは、縦並びで向かい合って座る席で8人が押しこめられてギュウギュウ、まるで護送車のようでもこれが意外と楽しくて
2016112301

まずは腹ごしらえにパイ屋さんに寄り道。おいしいと評判の"Yatala Pies"というお店です。オーストラリアといえばミートパイ。ビーフとマッシュルームのパイを買いました。やたらとおいしいYatalaパイ、なんて
2016112302

いちばん後ろに座っていたから見えた、こんな風景。土曜の朝の高速道路、日本と違いとても空いています。人がいっぱい詰め込まれた私達の車を見て、後続車がびっくりしていました
2016112303

高速道路を降りた後の、車窓の風景。民家の庭に野生のワラビーを発見しました。お庭にワラビーが来る家なんて、いいなあ。
2016112304

ガイドさんが、「昨日この木にコアラがいた」というので皆で下車してコアラ探し。結局、隣の木にいました。
2016112305

といっても、野生のコアラはユーカリの木の高~いところにいるので、点のようにしか見えません。
2016112306

さて、いよいよフェリーに乗船です。車ごと乗りこむカーフェリー、島までは約45分かかります。
2016112307

穏やかな海と青い空、雲がきれいに映えます。
2016112308

島に到着~
2016112309

アトラクションの一つなのか(?)あえてオフロードを走ってくれました。写真ではよく伝えられないのですが、ものすごいデコボコ道で、車内は大騒ぎ楽しい~~!
2016112310

こんな道を通ってきました。これじゃあ揺れるわけだ・・・
2016112311

島からの見晴し。
2016112312

もう一枚。イルカの群れを見つけたのですが、上手く写真に撮れませんでした
2016112313

お昼は海辺でバーベキュー。
2016112314

潮風と波の音が心地よく、あっという間に時間が過ぎていきます。
2016112315

ツアー最後の目的地はブラウンレイク。その名のとおり、水が茶色です。これはティーツリーの成分が流れ出ているため。お肌によいからと泳ぐよう勧められましたが、脚だけ浸かってスベスベに
2016112316

次回、またカンガルーの登場です

2016.11.24 / Top↑
野生のカンガルー、後編です。
日中の暑い時間帯、カンガルー達は木陰の涼しい場所で休んでいて見えないので、暫く時間をつぶすことに。幸い、バスで10分程の所に、アウトレットモールがありました。

Harbour Town Outlet Shopping Centre
平日のお昼前なので、空いています。
2016111101

たくさん歩いたので、まずは小腹を満たしにセルフサービスのアイスクリーム屋さんへ奥に並んだ機械を自分で操作し、好きな味をソフトクリームの要領でカップに入れていきます。初めての体験にドキドキ
2016111102

選んだアイスがこちら。色味がありませんココナッツやチーズケーキのアイスにココナッツのトッピングで、うーん、真っ白・・・
2016111103

時間があるので映画でも。何の害もなさそうな「PETS」という映画を見ました。ニューヨークを舞台にしたペットの犬達の物語で、笑えてほっこりついでにお昼寝も
2016111104

16時頃になり、さあ、再びカンガルーのもとへ。朝よりもたくさんカンガルーがいます
2016111105

カンガルーとの間に柵も何もない、幸せな空間。
2016111106

いるいる、いっぱいいる
2016111107

涼しくなってお腹がすいてきたのでしょうか。みんな一心に草を食べています。
2016111108

近いです
2016111109

朝も見かけた親子かな?連れて帰りたくなる愛らしさ
2016111110

何か気になる
2016111111

まあいっか
2016111112

夕陽を浴びて
2016111113

花に囲まれた、麗しいルーちゃん。
2016111114

日が暮れてきたけれど、去り難く・・・
2016111115

楽しい一日をありがとう

2016.11.11 / Top↑