カンガルー達の癒される素顔をご紹介!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
オーストラリア旅行3日目。この日は、ノースストラドブローク島(North Stradbroke Island)へ行く日帰りツアーに参加しました。この島はブリスベンの東30キロに位置し、世界で2番目に大きな砂島と言われています。

実はこのツアー、去年のオーストラリア旅行でも予約していたのですが、ツアー前日の夜、天候不良が予測されるために催行中止となってしまったのでした。中止の連絡を受けた時は本当にガッカリしかも、当日は雨なんて降りゃしないし・・・そんなわけで、今度こそはと迎えたツアー当日の朝。晴れ渡る空に心躍ったのでした

トヨタの4WD2台で出発。運転席の後ろは、縦並びで向かい合って座る席で8人が押しこめられてギュウギュウ、まるで護送車のようでもこれが意外と楽しくて
2016112301

まずは腹ごしらえにパイ屋さんに寄り道。おいしいと評判の"Yatala Pies"というお店です。オーストラリアといえばミートパイ。ビーフとマッシュルームのパイを買いました。やたらとおいしいYatalaパイ、なんて
2016112302

いちばん後ろに座っていたから見えた、こんな風景。土曜の朝の高速道路、日本と違いとても空いています。人がいっぱい詰め込まれた私達の車を見て、後続車がびっくりしていました
2016112303

高速道路を降りた後の、車窓の風景。民家の庭に野生のワラビーを発見しました。お庭にワラビーが来る家なんて、いいなあ。
2016112304

ガイドさんが、「昨日この木にコアラがいた」というので皆で下車してコアラ探し。結局、隣の木にいました。
2016112305

といっても、野生のコアラはユーカリの木の高~いところにいるので、点のようにしか見えません。
2016112306

さて、いよいよフェリーに乗船です。車ごと乗りこむカーフェリー、島までは約45分かかります。
2016112307

穏やかな海と青い空、雲がきれいに映えます。
2016112308

島に到着~
2016112309

アトラクションの一つなのか(?)あえてオフロードを走ってくれました。写真ではよく伝えられないのですが、ものすごいデコボコ道で、車内は大騒ぎ楽しい~~!
2016112310

こんな道を通ってきました。これじゃあ揺れるわけだ・・・
2016112311

島からの見晴し。
2016112312

もう一枚。イルカの群れを見つけたのですが、上手く写真に撮れませんでした
2016112313

お昼は海辺でバーベキュー。
2016112314

潮風と波の音が心地よく、あっという間に時間が過ぎていきます。
2016112315

ツアー最後の目的地はブラウンレイク。その名のとおり、水が茶色です。これはティーツリーの成分が流れ出ているため。お肌によいからと泳ぐよう勧められましたが、脚だけ浸かってスベスベに
2016112316

次回、またカンガルーの登場です

2016.11.24 / Top↑
野生のカンガルー、後編です。
日中の暑い時間帯、カンガルー達は木陰の涼しい場所で休んでいて見えないので、暫く時間をつぶすことに。幸い、バスで10分程の所に、アウトレットモールがありました。

Harbour Town Outlet Shopping Centre
平日のお昼前なので、空いています。
2016111101

たくさん歩いたので、まずは小腹を満たしにセルフサービスのアイスクリーム屋さんへ奥に並んだ機械を自分で操作し、好きな味をソフトクリームの要領でカップに入れていきます。初めての体験にドキドキ
2016111102

選んだアイスがこちら。色味がありませんココナッツやチーズケーキのアイスにココナッツのトッピングで、うーん、真っ白・・・
2016111103

時間があるので映画でも。何の害もなさそうな「PETS」という映画を見ました。ニューヨークを舞台にしたペットの犬達の物語で、笑えてほっこりついでにお昼寝も
2016111104

16時頃になり、さあ、再びカンガルーのもとへ。朝よりもたくさんカンガルーがいます
2016111105

カンガルーとの間に柵も何もない、幸せな空間。
2016111106

いるいる、いっぱいいる
2016111107

涼しくなってお腹がすいてきたのでしょうか。みんな一心に草を食べています。
2016111108

近いです
2016111109

朝も見かけた親子かな?連れて帰りたくなる愛らしさ
2016111110

何か気になる
2016111111

まあいっか
2016111112

夕陽を浴びて
2016111113

花に囲まれた、麗しいルーちゃん。
2016111114

日が暮れてきたけれど、去り難く・・・
2016111115

楽しい一日をありがとう

2016.11.11 / Top↑
オーストラリア旅行2日目。この日は野生のカンガルーを見るため、クンババレイクランド自然保護区(Coombabah Lakelands Conservation Area)という所へ出かけました。

昨年は現地ツアーに参加して、エコガイドさんとここに来たのですが、今回朝のツアーを予約しようとしたら、大人4名からでないと申し込みさえできないようになっていてガッカリ夫婦やカップル、子供連れの一家、友達同士3人以下で旅行に来た人は予約できないじゃないの!何それ・・・と散々愚痴った後、なんとか自力で行くことはできないかと調べまくる私なのでした。

こういうことは仕事よりはかどるネットを駆使して調べてみると、トラム(路面電車)とバスを乗り継いで1時間程で行けることが判明。バスを降りた後の道もグーグルマップのストリートビューで見られるし、便利な時代でよかった~

大ハリキリで朝一番のバスで到着(と言っても既に8時)。このエリアはゴールドコースト市で管理されていて、入口のゲートは朝6時に自動で開くようになっています。
2016103001

カンガルーに注意の標識。もう、どこにカンガルーがいてもおかしくない
2016103002

自然がいっぱいで人気がないのですが、地元の自然愛好家(?)の人達を行く手に見つけ、ちょっと安心。
2016103003

いたいたこの日のファーストルーちゃんです。
2016103004

既に日が高いせいか、寝そべってくつろぐカンガルーが多数派。
2016103005

可愛い子を見つけました。野生だし、特に子連れは警戒心が強いので、カンガルー好き好きオーラを大放出しながら観察します。
2016103006

遠くには別の親子が。草原を駆け抜けるカンガルー。うーん、絵になる~
2016103007

朝の空気は清々しく、カンガルー達も気持ちよさそう。最高の癒しの空間です
2016103008

青い空の下、こんな広い草原にカンガルーがたくさんいたらいいのだけど、日差しが強く気温も上がってきたので、カンガルー達は木陰の目立たない場所にいるもよう。こうなることを見越して今日は一日空けてあるので、また後で来ま~す
2016103009

バス停へ戻る道すがら、出会ったカンガルー。車に気を付けてね。
2016103010

やっぱ帰ル~
2016103011

奥の方に行ってしまうのかと思ったら、まだいてくれました。動物園並みの近さ。
2016103012

こちらを伺うように見ています。
2016103013

キリリと美しい横顔。
2016103014

最寄のバス停。私もこの高校に通いたかった!(笑)
2016103015

野生のカンガルー、午後の部につづく
2016.10.30 / Top↑
前回のカンガルー川柳から、後が続かないまますっかり季節が変わってしまいました。
恥ずかしながら、やはり私には無謀な挑戦だったのかも・・・また、いい閃きがあったら続きをやりたいと思います。

さて、昨年に続き、今年もオーストラリアへ行ってきました。目的地はおなじみのゴールドコースト。昨年はお天気の都合で目的を達成できないことが多かった分、今回は気合の入りようが凄く期待が膨れ上がっていました。

年に一度の海外旅行ともなると、多大なエネルギーが必要です。まず、共働きなので、二人とも確実に休める日を選ぶのに一苦労。加えて、飛行機とホテルを予約した後に、「ヤバイ!行けないかも」となる事件が続発し、ヒヤヒヤな日々を過ごしたのでした。そんな中、現地ツアーを予約したり、電車やバスの時刻表を揃えたり、細かい旅程も整った矢先、とどめの一撃がやって来たのです。

それは台風18号
出発数日前の天気図では、飛行機の出発時間に関東が暴風域に入る予報。ただでさえキツイ仕事がさらにキツくなり、気分もどんより台風の進路予想に向かって、そこを曲がらないで!とか、もう少し北へ逸れて!とか、もっとスピードを上げて!とか、どうにもならないことを願う、わたくしなのでした。

出発前日の朝、天気予報に絶望
私が何をしたっていうの~~と、悲痛な思いでなんとかその日の仕事を終えました。もう、なるようにしかならない・・・

出発当日、進路が少し逸れて関東直撃は免れましたが、台風が接近していることに変わりはなく、本当に飛行機が飛ぶのか半信半疑のまま空港へ向かったのでした。

カンタス航空のチェックインカウンターに到着。どうやら飛ぶみたい。よかった~!
2016102201

午後7:00。私達が乗る予定の、今朝ブリスベンを発った飛行機がゲートに到着しました。大げさかもしれないけれど、感無量よく飛んできてくれましたカンガルーマークの機体に心がトキメキますエンジンにもカンガルーが
2016102202

午前6:30、ブリスベンに無事に到着しました。カッコいい機体に惚れ惚れ。JALの鶴のマークもいいけれど、このカンガルーマークを採用したのは大正解だと思います
2016102203

ブリスベンの街並み。いいお天気です。
2016102204

空港からホテルへ行く途中、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリに立ち寄りました。カンガルーを見るのは、5月のGW以来。ここに来られて、本当によかった!
2016102205

寝ているおっさんにそっと接近。うーん、ラブリー
2016102206

色鮮やかなロリキート。サンクチュアリだけでなく、街中でもスズメのようによく見られます。
2016102207

ロリキートの餌付けに参加。容器の中には、オートミールのような白い液体が入っています。バッサバサとたくさん飛んできて大騒ぎ。
2016102208

かつて片想いしていたハミッシュ君に再会しました。想っていただけあって、居場所はすぐにわかります元気そうで何より。
2016102209

オーストラリアは春。ジャカランダが咲き始めています。木陰にはエレガントワラビー(Pretty-faced Wallaby)も。この時点で、機内でよく眠れなかったうちのダンナは機能停止状態確かに、早朝着いてすぐの観光はこたえます。でも、もったいないから満喫しなくちゃ!
2016102210

午前中いっぱいカンガルーと戯れた後、ゴールドコーストに到着。昨年と違い、今回はずっとお天気がよさそうです。
2016102211

次回、カンガルーがたくさん登場します

2016.10.22 / Top↑
半年も引っ張り続けたオーストラリア編、ついに最終回です。
今までに載せきれなかった写真の中から、いくつか紹介して終わりにしたいと思います。

まずは動物編。
ロックワラビー。その名の通り、見上げるように高い岩の上にいました。警戒心が強そうです。
2016032701

歩くコアラ。コアラは一日のうち7~8割を木の上で寝て過ごすので、歩く姿は珍しいのです
2016032702

エミューとジャカランダ。エミューは体が大きく、足は恐竜みたいですが、意外とおとなしくフレンドリーです
2016032703

黒と白の珍しいカラス。カササギフエガラスという、オーストラリアやニューギニアに分布するカラスです。
2016032704

アカカンガルーの子供。好奇心旺盛で私達に興味をしめしてくれたので、しばし一緒に遊びました枝をカジカジ。
2016032705

うに~~
2016032706

なぜかたくさん集まってきたルーちゃん達。手前の2頭だけアカカンガルー、残りはグレーカンガルー。
2016032707

続いてお食事編。
野生のカンガルーを見るツアーにて。舌平目のグリルかTボーンステーキを選べます。どちらも巨大でたじろぐ私でしたが舌平目をチョイス。サラダとポテトもたっぷり。
2016032708

こちらがTボーンステーキ、480g。みんなフードファイターのようでした(完食ならず)
2016032709

イギリスの有名な料理、フィッシュ&チップス。白身魚とポテトのフライです。
2016032710

この旅行中に食べてみたかった、SUBWAYのサンドイッチ。日本のみたいに繊細さはありませんが、野菜をこれでもか!というほど入れてくれて、持ち帰って開けたらわけが分からなくなっていましたがとてもおいしかったです
2016032711

ある日の朝食。スーパーで買ったシナモンロール、ココナッツヨーグルト、オレンジジュース。
2016032712

帰りの飛行機にて。ゴールドコースト空港を離陸した直後。ルーちゃん達、元気でね~
2016032713

おジェット(ジェットスター)の機内食。鶏むね肉のローストに、クセのあるハーブこてこてのパスタ。ボリュームたっぷり。
2016032714

ゴールドコーストから成田までは、9時間のフライト
2016032715

また、行きたいです

2016.03.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。